2007-03-23

札幌ツアー!

札幌にソロライブツアーに行きます。
北海道はムックリの本場ゆえ口琴族多いですね〜。
タルバガンの嵯峨さんもいるし喉歌フリークもいっぱい!のはず。
北海道での単身でのツアーは初めてなので、お客さんの反応がとても楽しみです。


★★★「岡山守治 北海道ソロツアー!」★★★


●4月20日(金)

@札幌 チャイババ ソロライブ
http://www.h4.dion.ne.jp/~yumeyoko/

charge: \1500
start: 19:00


●4月21日(土)

@札幌 青蓮茶室 ソロライブ&プチ倍音ワークショップ

http://www.seiren.net/index.html
charge: \2000
start: 19:00


●4月22日(日)

@アースデイ札幌 ソロライブ

イベントの詳しい情報は

Earth day Ezo (昼の部_大通り公園1丁目)4/22

http://www.envrinfo.jp/topic/earthdayezo/


Night on the Earth (夜の部_mole) 4/22

http://earth_sp.web.fc2.com/night_top.html



2007-03-12

4月ホーメイワークショップ

●ホーメイワークショップ

日程:4月8日(日)

時間: 初心者クラス17:00〜
     中級者クラス(喉声発声がある程度安定して出せる方)
     19:00〜




場所: 吉祥寺西コミュニティーセンター 地下練習室

http://www.komisen.org/nisi-c/


参加費: 各2500円

予約: 人数把握の為こちらまで必ずご連絡下さい。
     shivji@hotmail.co.jp



2007-03-06

SoundDanceVisual vol.9 『蛹』

急なお話で参加が決定したイベントなんですが…なんだかすごいです。
舞踏を世界のBUTHOにしたきっかけを作った室伏さん、とか天上や床を共振させる超低音をリアルタイムでコントロールしてしまう種子田さん、とか。音響システムもタグチとか4,1チャンネルとか、とにかく音が良くて最高でした。
円柱状のスピーカーは声を出す一人一人に何本づつか専用で割り当てられていて空間に自分の分身が何人か存在しているようになっております。
リハをやりつつもこんな環境で毎日練習できたら最高だろうな〜と思ってしまいました。。。


SoundDanceVisual vol.9 『蛹』
(平成18年度 横浜市創造的芸術文化活動支援事業)

3月21日(水・祝日) 16:00 / 19:00
ZAIM 別館2Fホール
http://za-im.jp/php/

公演の詳細はこちら↓
http://suara.jp/sdv/sdv.html
http://suara.jp/sdv/sdv9.html

Sympho Canva『音の森』(24本の円柱状のスピーカ)と4.1スーパーマルチシステムとのデュアルサウンドシステムによる驚異のジオグラフィックサウンド!!

不可視の身体・感覚器官としての身体がいのちのありようを光へと昇華する

§公演概要
大地を掘り起こせ。灼熱した鉱物に進行する腐敗と浄化から精錬された生命の水を得よ。そして継承者の手により再び灰は撒かれる。間断なく、ゆるやかに、忍耐強く。最新の音響技術と創造的発想の融合によって実現されるジオグラフィカルでリアルな音像はその場でしか体験できない圧倒的密度で時間を刻む。コンピュータ内部で電気的に発生し変換された音、アジア全般に分布する青銅の響きにこめられた大地への根源的な畏怖と祈り、フィールドレコーディングの無意識的記号、そして内なる感覚によってのみ結ばれている声が現象を細分化するインタラクティヴシステム(=結
界)となる。音響・身体・美術・ひかり、各領域の作業域が同時進行的にせめぎあい、うねりとなって高次化されるとき、その気配はたちのぼる。

<参加アーティスト>
企画・構成・演出: project suara
音楽・音楽構成: 種子田郷、さとうじゅんこ
声: さとうじゅんこ、さかいれいしう、山尾麻耶、岡山守治
踊り: 室伏鴻
美術・衣装: 小林和史、甲斐さやか
照明: 加藤いづみ
音響デザイン: 宮本宰(Sympho Canvas)、重信芳光(4.1スーパーマルチ)
音響システム: Taguchi
グラフィックデザイン: 三浦秀彦

主催: project suara
共催: 横浜市、ON-COO
協賛: Taguchi、ZAIM
協力: OutSect、マノハラ、ポートサイドステーション、アップリンク