2007-09-05

suarasanaのダシの素vol,4

次回のダシの素はヤツマターズとタイバン。
実は岡山はオリジナルメンバーだったバンドです。
どれぐらい進化しているのかとても楽しみです。

そ、そして!!

今回のSUARA SANAは強力ゲストを迎えてお贈りします!南インドで長期にわたり修行を積んで帰国したガタム(素焼きの壺のパーカッション)奏者の久野君こと、通称マッハ君が緊急参加します!!
ガタムと口琴はめちゃくちゃ相性がよいのです。これは見逃せません!!
お楽しみに!


9月30日(日)
suarasanaのダシの素vol,4
西荻窪 w-jaz 
http://www.wjaz.info/
open18:00〜
start19:00〜
¥2,500(1d付き)
出演
ヤツマターズ
http://yatumatas.seesaa.net/
suarasana
http://suarasana.com/ 


ヤツマターズプロフィール

ピアノ+ヴォイス+パーカッショントリオ。
スペースに応じてベリーダンサーと映像隊も加わる奇才な芸能集団。
八岐大蛇(※注1)と似て非なるパワフルで
かつ愛らしく情けない人間達の集まりである事からヤツマターズ!と命名。
オリジナル曲、世界の民謡、言葉遊び、プログレッシブロックのカバーなど、
ピアノと声とパーカッションで、既成概念を超える美しい音楽、の可能性を日々探求。
特にホーメイとピアノとアラブ系パーカッションのアンサンブルのオリジナル曲は他に類を見ない新しいサウンドとして高い評価を得ている。

メンバー●プロフィール

須藤 かよ
(ピアノ、ボーカル、アコーディオン、作曲、アレンジ、鍵盤楽器)※バンドリーダー
国立音楽大学卒。
ブラジルの音楽家エルメートパスコアルのピアノソロに超電撃的な衝撃を受け、クラシック、ジャズ、フリージャズ、民族音楽等、ジャンルにとらわれない音楽活動を展開。
歌のサポート、クラシック、ジャズ、サンバ、プログレバンド、など多方面のバンドに参加。
映像の為の音楽、コンテンポラリーダンスの為の音楽なども手がける。
様々なレコーディングに参加。
自身のピアノ弾き語りでのソロコンサートも定期的に活動。
2006年、ソロファーストアルバムCD 『かよだよ』4KE RECORDS よりリリース。

徳久ウィリアム
(ノイズヴォイス、ホーメイ、歌)
ブラジル出身。母が日系ブラジル人。声の拡張と新たな可能性を目指すボイスパフォーマー。
元「倍音S」、現「ノイズ合唱団」主宰。
ホーメイ、イランのタハリール唱法などの民族音楽的発声から、デス声、独自の「ノ
イズ声」まで、多様な声を操り、前衛からポップスまで、様々なジャンルを横断中。
http://william.air-nifty.com 

立岩潤三
(パーカッション)
ドラムを坂田稔に師事。タブラを吉見征樹、Prafulla Athalyeに師事。GHOST、
Alaya Vijana、ポチャカイテマルコ、Memories Of Nada、インド/アラブ/ペルシャ古典音楽、雅楽/邦楽や各種ダンス/ファッションショ−とのコラボレ−ション等幅広いジャンルでドラム/パ−カッションを担当し、日本に限らずU.S.A.やスペイン、スコットランド、香港、韓国等で演奏、ボ−ダ−レスな活動を展開中。J-WAVE、Tokyo-FMのなどのCM音楽を手がけたり、各種音楽書籍の執筆も行う。またシンセサイザ−のヴォイシングやデ−タ制作、デモ演奏をを行ったり、各種学校やカルチャ−スク−ルにおいて後進の指導も行う。
http://members.jcom.home.ne.jp/tanc/

※注1「八岐大蛇」
日本神話にみえる巨大な蛇。頭と尾が八つずつあり、目はほうずきのように真っ赤
で、
背中には苔や木が生え、腹は血でただれている。八つの谷、八つの丘にまたがるほど
巨大である。
出雲の簸川(ひのかわ)上流にいて、大酒を好み、毎年一人ずつ娘を食ったが、
素戔嗚尊(すさのおのみこと)がこれを退治して奇稲田姫(くしなだひめ)を救い、
その尾を割いて天叢雲剣(あまのむらくものつるぎ)を得たという。


category日記、雑記  time15:54  authorshuji 

Comments

コメントはまだありません。

Add Comments

このアイテムは閉鎖されました。このアイテムへのコメントの追加、投票はできません。

Trackbacks

トラックバック
このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。 もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.