2009-08-28

Tones企画いよいよ始動!!ひたすら倍音発声しまくる二時間

ホーメイの基本発音(あいまい母音)を多人数でひたすら発声し続けるという企画tones(トーンズ)いよいよ始動!!!!

倍音による干渉波を浴び、深い呼吸により普段忘れてしまっている身体機能を取り戻そう!!

ホーメイの発声はだみ声を使いますが、このtones企画では普通の発声方法で行います。
もちろんオレはだみ声で行くぜ!!って方もOK!!
ひたすらドローンなので「私音痴だし…」って人でもOK!!
今現在ホーメイを修練されている方に於いては喉声発声の基礎を培うのにも最適の機会だと思います。

そして、最終的には大会場(未定)にて建物との共鳴感覚を体験してみよう!!というところまで考えているtones企画。
今回はファシリテーターの田村さんのスタジオにて完全暗闇暗転の中でのtonesです。
どうぞこのプレイベントを体験してみてください。



「暗闇tones@蕨 タタミスタジオ」

〜倍音コンダクターに導かれて真っ暗闇の中で〜
「クラヤミノtones」

2009年9月20日(日)、10月18日(日)、11月14日(土)、12月12日(土)

暗闇の中で発声をする。2名の凄い倍音コンダクターに導かれて真っ暗闇の中で参加者全員がo-e-i発声を行なう参加体験型イベント。呼吸と発声の凄さを肌で感じる4日間。


■主なスケジュール(内容や時間割は変わる場合もあります)

a.. 14:30受付開始
b.. 15:00開始
c.. 「TONES」のコンセプト説明(呼吸について)
d.. 「暗闇TONES」の説明
e.. o-e-i発声呼吸法の説明と練習
f.. 始めるにあたっての諸注意
g.. 完全暗転して開始。(約1時間、途中休憩あり)
h.. 薄明かりの中でインプレッション(20分)
i.. 軽いストレッチj.. 17:00解散(トータルで約2時間)

■参加対象:・15歳以上・聴覚に問題のある方は参加できません。

■タオル、動きやすい服装、ノート等筆記用具をお持ち下さい。

■日時:14:30受付、15:00開始、17:00解散     

2009年9月20日(日)
   10月18日(日)
   11月14日(土)
   12月12日(土)

■定員:20名/回

■料金:各回2,000円(続けて定期的に参加すると効果的です )

■場所:埼玉県川口市芝中田1-6-12 2F タタミスタジオ(蕨駅から8分)

■TEL: 03-6317-3999  

■tones 倍音コンダクター

●徳久ウィリアム

ホーメイなどの民族音楽的発声から、デス声、独自の「ノイズ声」まで、多様な声を操る。1999年〜2003年ホーメイグループ「倍音S」に参加。現在、SuaraSana、モーテン・東洋・ウィリアム、William&NG、CharlieWilliamsなど、前衛からポップスまで、年間100本のライブを精力的にこなす。ワークショップやイベント企画/ディレクションも行なう。
http://william.air-nifty.com
メルマガ 
http://william.boo.jp/mm2.html
http://www.youtube.com/voiznoiz


●岡山守治(10/18は欠席)

ホーメイを主軸とした倍音唱法、口琴、カルナーティックミュージック(南インド古典音楽) のパーカッションとしての口琴&ボーカル、リアルタイムサンプリングなどを用 いたエフェクティブなパフォーマンスなどなど倍音のいろんな要素を渾然一体となって核融合させる倍音楽家。バンド活動として「SUARA SANA」や「カムヒビKING」、口琴の合奏楽団「口琴オーケス トラ」、及びソロ演奏、ホーメイ、口琴のワークショップ講師などを通じて倍音普及活動中。
http://mono.rocket3.net/okayama/
MP3音源視聴ページ
http://www.voiceblog.jp/overtonemusic/

■ファシリテーター:たむらひろし

大手臨床検査会社(螢┘好◆璽襯┘襪砲瞳豈侫曠襯皀鶸慙△慮Φ羝〆困北13年従事後、 NTT(レッドタクトン共同フィールド実験)、蠧立メディコ、蠧立製作所、東シー蝓▲▲蹈蝓↓螢ぅ泪献、螢侫蹇璽戰訶数多くの医療系共同プロジェクトにて開発を行った。大学にて保健学を習得した検査技師。2002年にダイアログ・イン・ザ・ダークの企業向けサポート、2005年にはポストシアターの暗闇演劇「Light」のサポートを行った。2009年より視覚を使わない運動を推進するヤミ・タイプロジェクトを中心とした感覚・知覚・認知に特化したワークショップや体験イベントを主催する蝪贈董ィ劭釘辰梁緝充萃役。

■申込方法((事前予約必須):「クラヤミノtones」と明記し、ご希望の日程、氏名、E-mailアドレスまたはFax番号と電話番号を記載の上、E-mailかFaxでお申し込みください。尚、確認用の返信メールが届いて申し込みの完了となります。

■お申し込み・お問合せ:蝪贈董ィ劭釘叩,燭爐薜 office@bfrec.com
TEL: 03-6317-3999
Fax:03-3370-3646

−クラヤミノtonesとは−

ノーレリジョン・ノーテクニック・ボイスオンリー 「tones」・・・今回行なう「クラヤミノtones」とは、「tones」プロジェクトの練習バージョンとも呼べるプレイベントです。川口市のタタミスタジオで行なう室内を完全暗転にした暗闇の中で20名程度のo-e-i発声呼吸法ワークショップを行ないます。暗闇の中で声を出す事で「音のシャワー」現象が発生し日常では経験できない不思議な体験でき、また声を出すことで自然に呼吸法を学べて、ストレスの発散に最適です。
「tones」プロジェクトとは、テクニックをあまり必要としないo-e-i発声呼吸法を使って、著名な建築物内で集団(100名以上)で声を出し、建築物を声で揺らす、もしくは揺らすイメージで行う参加型のイベントとなります。声を出すイメージとしては「倍音声明」に近いと思いますが、瞑想が主目的ではなく、呼吸の浅い現代人に対して従来の呼吸法の伝え方ではなく、声を出しながら自然に呼吸の面白さや不思議さを感じてもらおうというイベントです。(宗教関係とは一切無関係です)
※o-e-i発声呼吸法とは、唇は「u」の形のまま口腔内は「o」→「e」→「i」と変化させていく方法です。
※「倍音声明」とは、チベット密教の修行法の一つで、集団で声を出すダイナミックな瞑想法で、アイウエオの母音を低音で連続的に発声していく方法です。

−呼吸とは−

大気中に存在する酸素を全細胞に運搬し、細胞が産出した二酸化炭素を再び大気中に返す生体機能です。これは生命を支える根本的な機能で、呼吸停止が生命の停止を意味します。呼吸には、胸部呼吸筋、横隔膜、腹部呼吸筋の三群の筋肉が用いられます。肺を拡大縮小させることによって、酸素と二酸化炭素の交換が行なわれるのですが、完全な呼吸とは、肺を最大限に広げて酸素を最大限に摂取し、その摂取した酸素を肺胞から血液に移行させ、再び肺を最小まで縮小させるというものです。有効な呼吸をするための重要な点は3つ。第一に、無意識ではなく意識的に呼吸筋に指令を出すこと。第二に、胸で吸って横隔膜で止めて腹で吐くこと。第三に、この胸腹式横隔膜呼吸を空腹時に座位または仰位で行なうことです。




お申し込み、より詳しい詳細は以下↓
http://bfrec.com/tones.html
categoryワークショップ情報  time21:38  authorshuji 

Comments

コメントはまだありません。

Add Comments

このアイテムは閉鎖されました。このアイテムへのコメントの追加、投票はできません。

Trackbacks

トラックバック
このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。 もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.