2005-07-15

「Dub Shank」の曲解説

4曲目 「Dub Shank」の曲解説

インド口琴はモルシン、ムルシン、モルチャン、、、、などなど様々な呼び名で呼ばれていますが、僕が師匠は「モルシャン」丁寧に言う時は「モホルシャンク」(カタカナ表記に無理がありますが)と呼んでいました。
モホルが「顔」で、シャンクが「貝」、という意味だそうです。

で、この曲はインド口琴による南インドのリズムで演奏しておりますが、それにタイム感のあるディレイをかませて一発録音してみました。

ダブなモホルシャンク。

category「BIOTRONICA」曲解説  time10:52  authorshuji 

Comments

コメントはまだありません。

Add Comments

このアイテムは閉鎖されました。このアイテムへのコメントの追加、投票はできません。

Trackbacks

トラックバック
このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。 もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.